遺品整理士心構え

2018/09/07
ロゴ

遺品整理士になるにあたっては遺族から依頼された遺品整理を業務として遂行すべく、遵守すべき法律について学びます。また遺品を処分品と扱うのではなく、遺品整理は「故人に対する供養である」との概念のもと、これまで故人が大切にしていた物の扱いについての基礎から学んでいくのです。

こうして遺品整理のあり方を習得した遺品整理士は、心を込めて、そして遺族に寄り添って遺品整理の代行をします。